手足口病とは|症状や検査、治療方法、感染経路

子供の手足口病とは?感染経路は?

手足口病とは、コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)などのウイルスに感染することで、手や足、口の中に水疱性の発疹が出る感染症です。日本では主に夏から秋にかけて流行し、4歳くらいまでの子供がかかりやすく、感染者の5割は2歳以下の乳幼児と言われています。

感染経路としては、飛沫感染(感染者の咳やくしゃみの飛沫によって感染すること)、接触感染、糞口感染(便中のウイルスが手指を介して口に入り感染すること)などがあげられます。幼稚園や保育園の子どもたちは長い時間一緒にいるため、子供の間での感染が拡大しやすいという特徴があります。

手足口病で現れる症状は?

手足口病に感染すると口の中、手のひら、足の裏などに水疱を伴った赤い発疹ができます。発疹の大きさは米粒ほどで、それほど大きくはありません。口の中にできた発疹は潰れて潰瘍になると痛みを伴うため、食欲が低下したり唾液の量が増えたりすることもあります。

手足口病の多くは熱が出ても、38度以下で2〜3日で下がるため、手足口病にかかったとしても1週間程度で症状が治まるので心配する必要はありません。

手足口病で病院に行くタイミングは?

手足口病自体は重症化する可能性の低い病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎を生じることがあります。また、手足口病と同様に口の中に水疱ができる「ヘルパンギーナ」は39度以上の高熱が出るので、子供の全身に発疹ができた場合には病院の小児科や内科を受診して一度検査してもらうようにしましょう。

全身の発疹だけではなく嘔吐や下痢などの症状が見られる場合は、他の病気の可能性があるのでできるだけ早めに病院を受診するようにして下さい。

手足口病の検査方法

主に発生している症状を観察した上で、喉の粘膜や血液、便から感染しているウイルスを検出するための検査を行います。

手足口病の治療方法

手足口病に効果的な治療薬は存在していないため、対症療法を行い自然に症状が治まるのを待ちます。かゆみや口の中の痛みがひどい場合は症状を抑える薬を処方されることがあります。

子供が手足口病にかかったときの自宅でのケア方法

水分補給をしっかりと行う

口の中が痛むと水分を取ることを嫌がる場合がありますが、脱水症状を防ぐためにもこまめに水分を補給させる必要があります。

コップからだと直接飲みにくい場合はストローなどを使用すると良いでしょう。飲み物はできるだけ常温のものだと痛みが少なくてすみます。

口当たりの良いものを食べさせる

口の中が痛い場合は食事を嫌がる場合がありますが、無理に食べさせる必要はありません。食欲があるようなら口当たりの良いゼリーやヨーグルトなどを数回に分けて食べさせてあげると良いでしょう。

体をきれいにする

発疹が全身に出ている場合でも入浴しても構いませんが、体を洗う際は低刺激のボディーソープをよく泡立てて使い、短時間でサッと汗を流すようにしましょう。

お風呂のお湯を介して感染が拡がる可能性があるので、感染者は最後に入るか、シャワーで流すようにしてください。同じタオルを使うことでも感染する可能性があるので、タオルは使い回さないようにしてください。

手足口病にかかったら、保育園や幼稚園はいつから行ける?

一般的には手足口病の症状が治まり、子供が元気に生活できるまで回復したら登園可能ですが、症状が回復したら一度、保育園や幼稚園に問い合わせてみましょう。

手足口病を予防するには?

手足口病を予防するためのワクチンはありません。外出から帰ってきたときやトイレの後は手洗い・うがいを毎回行い、日々感染を予防するようにしましょう。