緊張性頭痛について

緊張性頭痛の特徴 緊張型頭痛は、慢性型頭痛の一つとして、多くの割合を占めるものです。 拍動を伴わない圧迫感や締め付け感があり、吐き気を伴わないことが特徴です。 過度の緊張やストレスが関連していると考えられ年齢を問わず起こ […]

続きを見る

髄膜炎について

髄膜炎の特徴 髄膜炎とは脳や脊髄を包んでいる髄膜に炎症を起こしている状態です。 感染症や膠原病などの自己免疫性疾患で起こります。 髄膜炎の原因 髄膜炎原因となる病原体によって以下に分類されます。 細菌感染:化膿性髄膜炎・ […]

続きを見る

片頭痛について

片頭痛の特徴 片頭痛とは、頭の中の血管が拡がることで起こる頭痛です。その痛みは「ズキンズキン」や「ドクンドクン」と表現されることが多いです。頭の片側のこめかみ辺りに痛みを感じる人が多く、嘔気や知覚変化、嘔吐などを伴います […]

続きを見る

水痘(水ぼうそう)について

水痘の特徴 ウイルスが原因で、全身に分布する水ぶくれを主体とする発疹と発熱を来す疾患。水痘帯状疱疹ウイルスの初感染(免疫のない人に初めて感染すること)によって発症する。患者のほとんどが小児であるが、成人でも感染しうり、9 […]

続きを見る

突発性発疹について

突発性発疹の特徴 突発性発疹とは乳幼児期の赤ちゃんの代表的な病気で、発熱と発疹を伴うウイルス性の感染症です。急に40℃近い高熱を出し、熱が下がると共に全身に発疹が出現します。生後4カ月頃からかかる可能性があり90%は1才 […]

続きを見る

中耳炎について

中耳炎の特徴 中耳炎とは鼓膜の奥の中耳という部分に炎症が起きる状態です。中耳炎には、滲出性中耳炎、真珠性中耳炎、慢性中耳炎、癒着性中耳炎などの種類がありますが、48時間以内に起こったものを急性中耳炎と呼びます。中耳は鼻の […]

続きを見る

帯状疱疹について

帯状疱疹の特徴 帯状疱疹とはヘルペスウイルスの仲間である水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。水ぼうそうはほとんどの人が幼児の頃にかかり、1週間程度で治ります。しかし、症状が治まってもウイルスは神経の […]

続きを見る

膀胱炎について

膀胱炎の特徴 膀胱炎とは尿をためる臓器である膀胱(ぼうこう)が炎症をおこして、尿を溜めたり排出したりという活動に支障が出るものです。細菌が尿道から逆流して膀胱に感染することで起こります。女性は男性よりも尿道の出口から膀胱 […]

続きを見る

虫垂炎について

虫垂炎の特徴 虫垂炎は、右下腹部にある細長い器官である盲腸が、細菌感染などが原因で、炎症が起きている状態です。子供から成人まで、さまざまな年齢で起こり、発症から48-72時間経っても無治療でいると穿孔を起こすリスクが高く […]

続きを見る

急性咽頭炎について

急性咽頭炎の特徴 急性咽頭炎とは、ウイルスや細菌などの感染や声の使い過ぎなどが原因で口腔や鼻腔の奥にある咽頭が炎症を起こしている状態です。喉に痛みを感じたり、食事をするのが困難になったりすることがあります。溶連菌による感 […]

続きを見る