子供の発熱後の発疹|原因や病院へ行く目安、対処方法は?

子供の発疹の種類は?

皮膚に出るさまざまな吹き出物やブツブツの総称を「発疹」といいます。

発疹にはさまざまな種類があり、以下のように形状や色、出る場所、かゆみのあり・なしなどが違います。

発疹の形状

● 水疱(みずぶくれ):発疹の内部に水溶性の内容物を含んでいて、水疱瘡などでよく見られます。つぶしたり引っかいたりすると、中から水分が出てくることもあります。

● 丘疹:皮膚が小さく盛り上がった形の発疹です。蚊に刺されたときの跡などが、これにあたります。

● 膨疹:蕁麻疹に代表されるように皮膚がやわらかく盛り上がった状態の発疹です。

● 斑:皮膚が盛り上がることはなく、一部の範囲で皮が紅色や紫色に変化した状態です。

発疹の色

赤、茶、黒、紫などに変化することもありますが、ほとんど色の変化がないケースもあります。

発疹が出る場所

顔、お腹、手、足など、体の一部にだけ発疹が出ることもあれば、全身に現れることもあります。

かゆみや痛みの有無

かゆみや痛みを伴う発疹もありますが、かゆみも痛みも感じないこともあります。

発疹以外の症状

発疹の他に発熱や鼻水、咳といった風邪に似た症状や、関節痛のような体の痛みを伴うこともあります。

次からは、子供の発熱後に発疹が出たときに疑われる病気や対処法などについてご説明します。

子供の発熱後に発疹が出た場合に疑われる病気は?

発熱後に発疹が出た場合、主な原因はウイルスや細菌の感染です。疑われる病気には次のようなものがあります。

麻疹(はしか)

発熱や咳、くしゃみなどの症状が出た数日後に、口内に白い斑点が生じます。熱は一度下がりますが、数日後に再び上がり、高熱とともに全身に大きな発疹が出ることが特徴です。

発疹はかゆみを伴い、大きくなる場合もありますが、通常は発熱後7〜8日ほどで治まります。まれに重症化して、肺炎などを引き起こすことがあるので注意しましょう。

風疹

発熱や咳といった風邪の症状とともに、赤く小さな発疹が全身に出ます。かゆみは弱く、通常3〜4日で症状が治まります。また、発疹が大きくなることもありません。

水疱瘡(水痘)

発熱や頭痛の症状が出た後に、赤い発疹が顔や体、まれに頭や口の中に出て全身へと広がります。

発疹は次第に水ぶくれのような状態になり、その後2〜3日でかさぶたになって、かさぶたが取れるとともに治ります。発疹や水ぶくれはかゆみを伴うため、掻きむしらないように注意が必要です。

溶連菌感染症

38〜40度の発熱や喉の痛みなどが見られた後、喉が赤く舌にイチゴのようなブツブツの小さな赤い発疹が見られることがあります。

通常1週間で症状が治まり、発熱から3〜4週間後には脇や手の指の皮膚がむけることがありますが、基本的に元に戻ります。

突発性発疹

突然の高熱とともに喉の腫れや下痢が生じます。発熱が3〜4日程度で下がると同時に、小さな発疹が首や体に生じることが特徴です。

発疹のかゆみはあまり強くありません。生後6ヶ月から1歳半までに起こることがほとんどです。

子供の発熱後の発疹で病院へ行く目安は?

しばらく様子を見る

発疹以外に明らかな症状がなく、発疹が体の1ヶ所だけの場合は、しばらく様子を見てもいいでしょう。

かゆみや発疹が数日続いている場合は、診療時間内に受診することをおすすめします。

すぐに病院へ行く

発疹の他に以下のような症状が出ている場合は、すぐに病院へ行きましょう。夜間や休日であれば救急病院や往診サービスを利用してください。

● 呼吸が苦しそうで、ぐったりしている
● 全身に発疹が出て、かゆみが出ている
● かゆみがひどく、寝ることができない
● 血便が出ている

発熱の後に発疹が出たときの対処法は?

患部を冷やす

かゆみが出たときはタオルや保冷剤を使って患部を冷やし、掻きむしらないようにしてください。掻きむしることで患部が傷つき、発疹が全身へとひろがる可能性があります。

保冷剤を使う場合、直接肌に当てると凍傷になる可能性もあるので、タオルやガーゼで包みましょう。

患部をきれいにする

患部が汚れていると感染のリスクが高まるため、患部は常にきれいにしておきましょう。発疹の部分を掻きむしってしまったときは、特に注意が必要です。

かゆみが強くなったり、痛みが生じたりしているときは、入浴を避けてシャワーだけで済ますようにしましょう。

薬は自己判断で使用しない

薬は発疹の原因に合わせて使用する必要があります。以前、発疹やかゆみで受診してステロイド剤を処方されていても、自己判断で使用することは避け、一度医師に相談してください。

爪を短くする

爪が長いとかゆみで掻きむしったときに発疹を潰してしまい、治るまでに時間がかかることになるので、日頃から爪を短く手入れしておくことも大切です。

子供の発疹を予防する方法は?

感染症を予防する

主にウイルスや細菌に感染することで発疹が生じるため、日頃から手洗いうがいをこまめに行って感染を予防することが大切です。

乾燥を予防する

喉が乾燥しているとウイルスに感染しやすくなります。特に冬場は乾燥しやすいので、加湿器や濡れタオルを利用して部屋の湿度を維持するといいでしょう。外出する際はマスクを利用することもウイルスの侵入や乾燥を防ぐ上で効果的です。