赤ちゃんの耳がカサカサになる|病院へ行く目安や原因、対処法

赤ちゃんの耳がカサカサのときに病院へ行く目安は?

しばらく様子を見る

赤ちゃんの肌は敏感なので、肌荒れが起こるのはよくあることです。基本的には肌を清潔に保ち、保湿をこまめに行いながら、様子を見てあげてください。

診療時間内に病院を受診する

もしも以下のような症状が出ていたら、早めに病院を受診しましょう。

● かゆみが出ている
● 乾燥がひどく粉を吹いている/角質が浮いている
● 皮脂が固まっている
● 出血している
● 保湿などのケアをして1週間ほど経つのに改善しない

赤ちゃんの耳がカサカサになる原因は?

乳児湿疹

まだホルモンバランスが整っていない生後2〜3カ月ごろまでの赤ちゃんは、皮脂分泌が過剰になりやすく、乳児湿疹を発症しやすいといえます。

「乳児湿疹」とは、新生児期から乳児期にかけて現れる湿疹の総称です。とくに耳は、凹凸が多いために汗や皮脂が溜まりやすく湿疹ができやすい部位です。また、仰向けで寝ている赤ちゃんの涙やよだれ、母乳やミルクの飲みこぼしが耳の凹みに流れこんで溜まりやすく、乳児湿疹を発症しやすいといえます。

アトピー性皮膚炎

食物アレルゲン(タンパク質など食物が原因のアレルギー物質)や環境アレルゲン(ハウスダストやダニ等)が体内に取り込まれたときに、過剰な免疫反応が生じることで発症します。おもに皮膚の柔らかい部分(手足の関節や耳たぶなど)に湿疹が現れ、肌の乾燥と強いかゆみを伴うのが特徴です。

乳児湿疹が悪化して皮膚のバリア機能が低下すると、さまざまな刺激が皮膚に入り込んで皮膚の乾燥や湿疹などもさらに悪化します。また、アレルギー物質も取り込みやすくなり、アトピー性皮膚炎発症の要因になる場合もあります。

赤ちゃんの耳がカサカサになったときの対処法は?

汚れを拭き取る・しっかり洗う

汗やよだれなどがついたら、清潔なガーゼでやさしく拭き取ってあげましょう。また入浴時は、赤ちゃん用石けんやボディーソープを泡立てて丁寧に洗ってください。

耳を石けんで洗うことに不安を感じるかもしれませんが、石けんを使うことにより汚れや皮脂、細菌を落とせて症状の改善につながります。

保湿する

入浴後は水分をしっかり拭き取り、赤ちゃん用ローションやクリームを塗って保湿してあげてください。乾燥によって肌荒れが起きているときは、加湿器を使ったり部屋干ししたりして、湿度を上げましょう。患部を搔き壊さないように、赤ちゃんの爪を短く切っておくことも大切です。

薬は病院で処方してもらったものを使用する

乳児湿疹の場合は、湿疹の原因を明らかにした上でステロイドや抗ヒスタミン薬などを服用する必要があるので、医師の指示がないまま、自己判断で市販薬などを利用することは避けましょう。