子供が突然嘔吐したときの原因と対処法は?病院に行く目安は?

子供が嘔吐したときに病院へ行く目安は?

しばらく様子を見る

まず嘔吐以外にどんな症状が出ているのかをチェックしてください。嘔吐以外に明らかな症状がない場合はしばらく様子を見ます。

下痢や発熱をともなっていても、元気があって水分補給ができているのであれば、通常の診療時間を待って病院を受診すると良いでしょう。

病院へ行く

以下のような場合は、すぐに病院を受診しましょう。夜間や休日であれば、救急病院や往診を利用してください。
● 1日以上嘔吐が続いている
● おしっこが出ておらず、汗もかかない
● 水分補給ができず、口の中が乾いている
● 便に血が混ざっている
● 顔色が悪く、呼吸が苦しそう
● 元気がなく、ぐったりしている

また、生後3ヶ月未満の赤ちゃんが嘔吐を繰り返し、38度以上に発熱しているときは、解熱剤を使わず、すぐに病院を受診してください。

子供が嘔吐したときの対処法は?

食べ過ぎが原因でないのであれば、基本的にはウイルスや細菌が体から外に出ていくのを待つしかありません。そのため体がウイルスや細菌と戦うことをサポートしてあげましょう。

水分補給

嘔吐や下痢が続くと、体内の水分が不足して脱水症状になることもあります。脱水症状を防ぐためにも、常温の経口補水液やイオン飲料水などをこまめに水分補給をしましょう。

嘔吐した後すぐの水分補給は吐き戻してしまうこともあるので嘔吐から30分程度は様子を見てください。

栄養補給

嘔吐している際は、食事を無理に取らなくても問題ありません。何か口にできるくらい様子が落ち着けば、消化のよいうどんやおかゆ、バナナ等から食べ始めるのがおすすめです。

いきなり脂肪分の多い肉や魚を食べると、吐き戻してしまうことがあるので注意が必要です。

感染予防

嘔吐物や便のついたおむつを処理するときは、二次感染を防ぐために、手洗いをしてアルコール消毒をし、嘔吐物や便がついた衣類・タオルは、熱湯で消毒してから洗濯しましょう。

吐き気止めの服用について

吐き気止めを服用すると、体内から原因のウイルスを排出することを妨げることになるので、自己判断で使用することは避けましょう。

子供が嘔吐する原因は?

子供が吐く原因は、主にウイルスや細菌による感染症であることが多く、その場合、下痢や発熱などの症状を伴います。

細菌性食中毒

細菌性食中毒は5~8ヶ月に多発する病気で、黄色ブドウ球菌、病原大腸菌、サルモネラ菌など様々な種類の菌が原因となって発症します。主な症状として嘔吐・腹痛・下痢が短時間で生じますが、黄色ブドウ球菌の場合は発熱はなく、それ以外の原因菌では発熱を伴い血便が見られることが特徴です。

ノロウイルス

秋から冬にかけて幅広い年代に感染するウイルスです。嘔吐・腹痛・下痢が主な症状ですが、38度以上の高熱が出ることもあります。感染力が非常に強く、嘔吐物中にもウイルスが含まれるので、2次感染を生じないように注意が必要です。

ロタウイルス

感染力の強いウイルスで、5歳までにほとんどの子供が感染するといわれています。主な症状は嘔吐・腹痛・水っぽい下痢・発熱で、感染者の便の色が白色や黄色っぽい色になることが特徴です。

一度感染すると免疫ができるため、大人が感染した場合は軽症なことが多いウイルスです。

腸管アデノウイルス

1日年中感染者が出ているが、特に夏場に感染のピークを迎えるウイルスです。主な症状は嘔吐・腹痛・下痢・発熱とロタウイルスに似ていますが、感染しても目立った症状が出ないこともあります。乳幼児が感染した場合は重症化することもあるので注意が必要です。

自家中毒(周期性嘔吐症/アセトン血性嘔吐症)

ウイルスや細菌ではありませんが、代謝機能の発達が弱い2~10歳の子供に生じやすい病気で、体内で脂肪を分解して作られるケトン体が過剰に作られ一種の中毒症状を起こすことで嘔吐します。

子供が嘔吐することの予防法は?

嘔吐の原因は主に細菌やウイルスが口から体内に入ることで感染して生じるので、手洗い・うがいをこまめに行い、食べ物を十分に加熱して感染の予防を行いましょう。