子供が下痢をしたときの原因と対処法は?病院に行く目安は?

子供が下痢をしたときに病院に行く目安は?

しばらく様子を見る

まず下痢以外にどんな症状が出ているのかをチェックしてください。下痢以外に明らかな症状がない場合はしばらく様子を見ます。

嘔吐や発熱をともなっていても、元気があって水分補給ができているのであれば、通常の診療時間を待って受診すると良いでしょう。

病院へ行く

次のような症状も見られる場合は、すぐに病院を受診しましょう。夜間や休日であれば、救急病院や往診を利用してください。

● 腹痛をともない、嘔吐を繰り返す
● 便に血が混ざっている
● 元気がなく、ぐったりしている
● 38.5度以上の発熱がみられる
● 水分補給ができておらず、口の中が乾いている、おしっこが出ていない

1歳未満の赤ちゃんが白色の下痢をしている場合はウイルス性胃腸炎の可能性が高いため、すぐに受診してください。また、生後3ヶ月未満の赤ちゃんで38度以上の熱が出ているときは、解熱剤を使わず、すぐに受診しましょう。

子供が下痢になったときの対処法は?

感染症が原因であれば、基本的には体からウイルスや細菌が体から出ていくのを待つしかありません。そのため、水分補給や栄養補給といった対症療法を行い、体がウイルスや細菌と戦うことをサポートしましょう。

水分補給をする

下痢が続くと体内の水分が不足して脱水症状になることもあります。そのため、水分と塩分を同時に取れる経口補水液などをこまめに補給して脱水症状にならないようにしましょう。

冷えた飲み物を飲むと、下痢をしてしまうこともあるので、常温の飲み物がおすすめです。

栄養補給をする

下痢をしているときは無理に食事を摂る必要はありません。食事を取れるくらいに体力が回復したらまずは、うどんやおかゆのような消化の良い食べ物から食べ始めるのがおすすめです。

体を清潔にする

下痢がついたところをそのままにしておくと、かぶれの原因になります。便をしたあとは、毎回温かいシャワーや座浴できれいに洗い、おしりを清潔な状態に維持しましょう。

下痢止めの服用について

ウイルスや細菌が原因の場合は、下痢止めを服用することでウイルスの排出を妨げてしまい、逆に回復までに時間がかかることもあります。そのため、子供が下痢になったからといって自己判断で下痢止めを飲ませることは控えましょう。

子供が下痢になる原因

子供の下痢の原因は主にウイルスや細菌であることが多く、その場合は下痢以外の嘔吐や発熱といった症状が見られます。

ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎はノロウイルスやロタウイルスといったウイルスが口から体内に侵入することで感染する病気です。下痢の他に嘔吐や発熱といった症状が見られることがあります。

ウイルスによっては、下痢中のウイルスが原因で二次感染が生じることがあります。そのため、下痢のついたおむつを処理する際には石鹸を泡立てて手洗いを行い、下痢がついた衣類やタオルは塩素系漂白剤を薄めた消毒液で消毒した後に洗濯することで二次感染を予防しましょう。

細菌性胃腸炎

細菌性胃腸炎はカンピロバクターやサルモネラといった細菌が食物などを介して体内に侵入して感染する病気で一般的に「胃腸炎」と呼ばれます。感染した場合には下痢や発熱、嘔吐が見られ、原因菌によっては血便が見られることもあります。

乳糖不耐症

乳糖不耐症は牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を消化・吸収することができずに下痢を引き起こす病気です。乳製品を食べた後に下痢が生じたり、胃腸炎が治った後も1週間以上下痢が続く場合は乳糖不耐症の疑いがあるので、一度病院を受診し医師に検査してもらいましょう。

食物アレルギー

特定の食べ物に対するアレルギーを持っている子供が、該当する食べ物を食べた場合にアレルギー反応が起こり下痢が生じることがあります。下痢以外のアレルギー症状としては湿疹や嘔吐、充血などがあり、原因の食べ物を食べてから2時間以内に症状が出ることが一般的です。

その他

食べ物を食べすぎたり、水分を取りすぎた場合に腸の運動が活発になることで、腸で吸収できる量が少なくなり下痢が生じます。また、冷たすぎる飲食物を摂取した場合や疲労やストレスが原因で腸の運動が低下し下痢になることもあるので注意が必要です。

子供の下痢を予防するには?

ウイルスが原因で下痢が生じている場合は、下痢が始まってからの一定期間は学校へ行けないこともあります。そのため、下痢にならないように、日々手洗い・うがいや食べ物を十分に加熱することで感染予防に努めましょう。