子供に湿疹ができたときの対処法は?原因や病院へ行く目安とは?

子供に湿疹ができたときはすぐに病院へ行く必要があるの?

しばらく様子を見る

強いかゆみがなく、狭い範囲にしか湿疹ができていない場合は、しばらく様子を見てください。かゆがるときは患部を冷たいタオルで冷やします。温めるとかゆみが強くなってしまうので、注意してください。

かゆみが続く場合や湿疹が治まらない場合は、通常の診療時間に受診しましょう。

病院へ行く

以下のような場合は、すぐに病院を受診しましょう。夜間や休日であれば、救急病院や往診を利用してください。

● 患部を冷やしても痒みが強く、がまんできない
● 湿疹が全身に広がっている
● 元気がなく、ぐったりしている
● 息が苦しそう
● 腹痛や嘔吐をともなう
● 血便が出ている

明らかな呼吸困難になっている場合は、救急車を呼びましょう。

子供に湿疹ができたときの対処法は?

子供の肌に湿疹が生じた場合には、まずは湿疹が生じた箇所をきれいに洗い、患部を冷やして様子を見てください。

湿疹の原因を明らかにした上でステロイドや抗ヒスタミン薬などを服用する必要があるので、医師の指示がないまま自己判断で利用することは避けましょう。

子供に湿疹ができる原因とは?

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因としては、食物アレルゲン(タンパク質など食物が原因のアレルギー物質)や環境アレルゲン(ハウスダストやダニ等)が体内に取り込まれたときに過剰な免疫反応が生じることで生じます。主に皮膚の柔らかい部分(手足の関節や耳たぶなど)に湿疹が現れ、肌の乾燥と強い痒みを伴うことが特徴です。

汗疹(あせも)

汗を排出する汗腺が詰まって炎症が起きることで、脇の下など汗がよく出る部分にかゆみを伴う湿疹ができます。

蕁麻疹(じんましん)

様々な刺激(ストレスや食べ物、虫刺されなど)が原因でヒスタミンが分泌されて生じます。蕁麻疹の場合、24時間以内に治まることが多いのですが、アレルギー反応が強い場合は呼吸困難になってしまうため注意深い観察が必要になります。また、長期間繰り返すこともあるので注意が必要です。

接触性皮膚炎

金属や化学物質、植物などの様々な原因物質に触れることでアレルギーが生じて、原因物質に触れた箇所に痛みやかゆみを伴う湿疹が生じます。

伝染性膿痂疹(とびひ)

ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌の感染が原因で水疱や湿疹を生じます。湿疹を引っ掻いた手で全身を触ってしまうと全身へと感染が広がるので注意が必要です。

水痘(水ぼうそう)

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染が原因で軽い発熱や頭痛とともに全身に湿疹が生じます。湿疹は1週間程度でかさぶたになるまでは、感染力があるため湿疹は潰さないように注意しましょう。

麻疹(はしか)

麻疹ウイルスに感染することで湿疹が生じます。湿疹の他には発熱や咳、結膜炎等の症状が見られ、湿疹は時間とともに全身へと広がります。口の中に白く小さな斑点が現れることが特徴です。

風疹(三日はしか)

風疹ウイルスに感染することで微熱や咳とともに湿疹が生じて、耳の下や首などリンパ節が腫れるのが特徴です。

溶連菌感染症

発熱や喉の腫れなどの症状が出たあと、舌の表面に「イチゴ舌」と呼ばれる赤いブツブツや、全身にかゆみをともなう小さな発疹が現れることがあります。

手足口病

4歳くらいまでの子供がかかりやすいといわれており、様々なウイルスが原因で手や足、口の中に湿疹とまれに微熱が生じます。

りんご病(伝染性紅斑)

頬がりんごのように赤くなる「りんご病」は、手足に網目状の発疹が出るのが特徴で、発熱や関節痛などの風邪のような症状が現れます。1週間ほどで発疹は自然と消えていきますが、紫外線などの刺激を受けると長引くこともあります。

子供に湿疹ができたときに気をつけたいこと

湿疹ができると強いかゆみを伴うことがありますが、かゆいからといってかきむしると、全身に広がったり、跡が残ることもあるので、患部はできるだけ冷やしてかきむしらないようにしましょう。

子供が患部をかきむしってしまわないように、患部を布で覆うか、爪を短く切っておくのも一つの方法です。

また、体を清潔に保つことも大切です。湿疹がある場所を洗うときは、石鹸を泡立てて優しく洗い、ナイロンタオルなどで強く体をこすらないようにして、しっかりすすいでください。

湿疹がひどいときや発熱しているときは、入浴を控え、濡れたタオルで体を拭くか、シャワーで軽く流すだけにしておきましょう。