子供の咳が止まらない|病院へ行く目安や対処法、原因

病院へ行く目安

しばらく様子を見る

咳が続いている期間が数時間程度と短く、咳以外に他の症状が出ておらず、食欲も普段と変わらないようなら、しばらく様子を見ても良いでしょう。

すぐに病院へ行く

万が一次のような症状が出ているときは、すぐに病院を受診するようにしましょう。
● 呼吸が苦しそうで、顔色が悪い
● ぐったりしている
● 呼びかけても反応しない
● 咳が続いており、眠ることができない

咳が続いている時の対処法は?

咳が続いているときは次のような方法を行うと楽になりますよ。

部屋の温度を上げる

空気が乾燥していると咳が悪化する恐れがあるので、加湿器を使用するなどして部屋の温度を40〜60%ほどに保つようにしましょう。

部屋をきれいにする

ホコリや花粉、細菌、ウイルスなどが体内に入ると咳が出ることがあるので、こまめに部屋の掃除を行うことが大切です。

外出時などはマスクを使用すると良いでしょう。

こまめに水分補給を行う

喉の粘膜が乾燥すると咳が出やすくなるので、乾燥を防ぐためにもこまめに水分を補給するようにしましょう。

上体を起こして寝かせる

横になって寝ていると咳が止まらない場合は、クッションなどのにもたれかかるように寝させてあげましょう。

考えられる原因の病気は?

咳が長期的に続き、症状が悪化すると気管支炎や肺炎などを引き起こす可能性があるので、数日咳が続くようなら一度病院を受診するようにしましょう。

風邪

細菌やウイルスに感染すると、咳以外にもくしゃみ、鼻水、痰がからむなどの症状が見られます。一般的には風邪の場合は、発熱してから2〜3日程度で熱は下がり、徐々に症状が収まっていくのが一般的です。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染すると発症し、咳や鼻水など風邪に似た症状が現れます。38度以上の熱が出て、頭痛や筋肉痛、関節痛、倦怠感というような全身症状が強いことも特徴です。

百日咳

百日咳菌に感染することで発症し、軽い咳や鼻水といった風邪に似た症状から始まり、次第に「ヒューヒュー」と息を吸う時に音がなることが特徴です。

小児気管支ぜんそく

慢性的に炎症が生じることで、気管支の空気の通り道が狭くなることで咳が出やすくなる病気です。小児気管支ぜんそくの多くはアレルギーによって生じることが多く、花粉やハウスダスト、ペットの毛などがアレルギーの原因となることが多いです。

クループ症候群

ウイルスや細菌感染が原因で、声帯や喉の周辺が炎症を起こす病気の総称で、4歳未満の子供に発症しやすく、炎症が広がると、徐々に声がかすれていき、犬の鳴き声に似た「ケンケン」というような咳が出ることが特徴です。

登園の目安は?

咳が出ていたとしても、発熱などの症状がなく、普段と変わらず元気なようなら登園・投稿しても構いません。