子供の咳が続いているときの対処法は?原因や病院へ行く目安は?

子供の咳ですぐに病院へ行く目安は?

しばらく様子を見る

まずはどのような症状が出ているのかをチェックしましょう。咳以外に特に目立った症状がない場合は、しばらく様子を見ます。

発熱をともなっていても、日常と同じくらい食欲がある場合は通常の診療時間を待って病院を受診すると良いでしょう。

病院へ行く

以下のような場合はすぐに病院を受診してください。夜間や休日だと救急病院や、往診を利用すると良いでしょう。
● 「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった呼吸の音がする
● 咳が激しく、睡眠や食事に支障が出ている
● 38.5度以上の発熱がみられる
● 水分補給ができておらず、口の中が乾いている
● 元気がなく、ぐったりしている
● 顔色が悪く、呼吸が苦しそう

生後3ヶ月未満の赤ちゃんが38度以上に発熱している場合は、解熱剤を使わず、すぐに病院を受診してください。

子供の咳が続いているときの対処法

医師により処方された処方薬を服用する以外にも、咳の症状を少しでも和らげるためにできるケア方法がいくつかあります。

喉が潤った状態を維持する

喉が乾燥した状態が続くと咳が悪化する恐れがあるので、部屋の湿度を40〜60%程度に維持したり、マスクをしたり、水分補給をこまめに行うことで喉が乾燥しないように気をつけてください。

咳の原因物質を侵入させない

ウイルスやアレルギー物質が喉に侵入して咳が悪化することがあるので、マスクをしたり、部屋を掃除したり、空気をこまめに換気することで原因物質の喉への侵入を防ぎ、咳の悪化を予防しましょう。

子供の咳が続く原因

咳は、気管に入ったほこりやウイルスなどの異物を体の外に出す役割があります。通常咳は数日から数週間で治まりますが、1週間以上長引く咳は治療が必要な場合が多いので、一度病院を受診してください。

インフルエンザ

冬に流行するインフルエンザウイルスに感染することで、38度以上の熱とともに咳や鼻水といった風邪に似た症状が現れます。咳や鼻水だけではなく、頭痛や筋肉痛、関節痛など全身に症状が現れることが特徴です。

肺炎

肺は酸素を取り入れる役割がありますが、肺に炎症が生じると上手く酸素を取り入れることができず、高熱と痰を含む咳とともに、呼吸困難な状態になる場合があります。

呼吸数が大幅に増えたり、全身を使って大きな呼吸を行っている様子が見られた場合は呼吸困難になっている可能性があるので、すぐに病院を受診してください。

気管支炎

気管支は気管と肺をつなぐ管状の構造をしていますが、気管支に炎症が生じることで空気が通りにくくなるため、痰を伴う咳とともに呼吸困難になる場合があります。

初期は「コンコン」という乾いた咳ですが、症状がひどくなると「ゴホゴホ」と痰を伴う咳に変わっていきます。

百日咳

百日咳菌に感染すると始めは軽い咳や鼻水等から始まり、次第に繰り返す咳と「ヒュー」という呼吸音が症状として特徴的です。

近年は4種混合ワクチンにより発生件数は減っていますが、百日咳の場合は約3ヶ月程度も咳が続くので注意が必要です。

クループ症候群

ウイルスや細菌が原因で声帯や喉の周辺に炎症が生じることで、声がかすれていくのとともに「ケンケン」という咳が出たり、息を吸い込む時に「ヒーヒー」と音が鳴ることが特徴です。

子供の咳を予防するには?

日頃から「部屋の湿度を一定に保つこと」や「ホコリが出ないようにこまめに掃除をする」、「手洗い・うがい」を徹底することで、ほこりや花粉などの異物やウイルスや細菌が喉へ侵入することを防ぎ、咳の原因となる病気を予防しましょう。