子供の体にぶつぶつ|病院へ行く目安や対処法、原因

子供の体にぶつぶつが出たときに病院へ行く目安は?

しばらく様子を見る

子供の体にぶつぶつが出た場合は、ぶつぶつ以外にも症状が出ていないか全身確認して下さい。

発熱や嘔吐など、ぶつぶつ以外に明らかな症状がなく、ぶつぶつの出ている範囲が限定的な場合はしばらく様子を見ます。

すぐに病院へ行く

以下の症状が見られる場合は、すぐに病院を受診しましょう。夜間や休日であれば、救急病院や往診を利用してください。

● かゆみが強く、少しも眠れない
● ぶつぶつが薬を飲んだ後に出てきた
● 呼吸が苦しそうで、ぐったりしている
● 全身にぶつぶつがでている
● 発熱・腹痛・嘔吐・血便などの症状が出ている

子供の体にぶつぶつが出た場合の対処法は?

患部を冷やす

かゆみがある場合はぶつぶつを掻かずに、患部を保冷剤などをタオルの上からあてるように冷やしてください。

かゆみを掻きむしって皮膚が傷つくと、細菌やウイルスが感染して化膿することもあります。万が一掻きむしってしまった場合に皮膚を傷つけにくくするために、子供の爪を短くしておくと良いでしょう。

体を清潔にする

体をきれいにしておかないと、感染したり、症状が全身へと広がっていく可能性があるので、体を清潔にしておく必要があります。

ぶつぶつがジュクジュクしている場合もが出ているときも入浴しても構いませんが、普段よりも低い温度に設定すると良いでしょう。

入浴中にかゆみが増したり、痛みが強くなる場合はシャワーで済ますようにして下さい。体を洗う際には、低刺激性の石鹸やボディーソープを十分に泡立てて優しく洗います。

子供の体にぶつぶつが出る原因は?

発熱を伴うぶつぶつ

● はしか
高熱と咳、鼻水が見られます。発熱から数日後一時的に熱が下がりますが、再び発熱し顔や首、胸に大きな発疹が出て全身に広がっていきます。

● 風疹
38度程度の発熱と同時に耳のリンパ節が腫れることがあります。かゆみのある小さな発疹が時間とともに全身へと広がりますが、症状は3〜4日程度で治まります。

● 水疱瘡
胸や背中、お腹に虫刺され様の小さく赤い発疹が現れ、40度近い発熱が生じることがあります。発疹は半日程度で全身へと広がっていき、時間が経つと水疱、かさぶたへと変わっていきます。

● 溶連菌感染症
40度近い発熱と喉の痛みが出た後に、喉が赤くなり舌に赤くブツブツとした発疹が現れ、赤い発疹は全身に広がることもありますが1週間程度で症状は治まります。

● 突発性発疹
3日程度40度近い高熱が出たあとに、赤い発疹が全身に現れます。2歳までの赤ちゃんに発生することが多く、発疹のかゆみはあまり強くありません。

発熱を伴わないぶつぶつ

● じんましん
汗や光、金属、食物に対するアレルギー反応でできるものなど、じんましんには様々な原因がありますが、赤くかゆみの強い形が一定ではない強いかゆみの発疹ができます。

● とびひ
皮膚に細菌が感染し水ぶくれ状の発疹ができます。発疹は非常に破れやすく、水ぶくれ内の液体が体の他の部分につくことで全身へと症状が広がっていきます。

● あせも
汗をかいた時にそのままにしておくと汗腺がつまり、炎症が起きやすくなります。

● おむつかぶれ
おしりに長時間うんちやおしっこが触れていると、皮膚がふやけて傷つき炎症が起きやすくなります。

● 水いぼ
ウイルスが肌に付着し感染することで、白色やピンク色の2mm程度のイボが現れます。

子供の体にぶつぶつができるのを予防するには?

感染を予防する

ぶつぶつは感染症が原因で生じることが多いため、手洗いうがいをこまめに行うことが感染症を予防する上で大切です。外出時に手洗いができない場合は、アルコールを使った手指消毒でもよいでしょう。

喉が乾燥すると病気に感染しやすくなるので、加湿器やマスクを使って喉が乾燥しないようにすることも大切です。

体をきれいにする

汗をかいた時や下痢をした時などこまめに体をきれいにすることで、症状が悪化する前に予防することが可能です。

肌が乾燥するとかゆみが増し、肌を掻きむしってしまうため、特に冬場は子供の肌を保湿して肌の感想を予防してあげましょう。