火傷/熱傷(やけど)について

火傷/熱傷(やけど)の特徴

やけどは、医学的には熱傷と呼ばれるもので熱などの刺激によって皮膚や粘膜などが損傷を受けるものを指します。熱傷はその深さによりⅠ〜Ⅲ度に分類され、その深さと範囲、場所によって対応が変わってきます。

火傷/熱傷(やけど)の原因

主な原因は、高温の液体や固体に触れる、火炎・爆発、低温やけど、薬品(酸、アルカリ溶液など)、電流(家庭電源、落雷)などがあります。

火傷/熱傷(やけど)の症状

症状は、やけどの深さによって変わり、Ⅰ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されます。

【Ⅰ度熱傷】

表皮(皮膚の表面)までの場合。
皮膚が赤くなり、ヒリヒリした痛みが生じます。

【Ⅱ度熱傷】

皮膚の表皮~真皮(表皮の下の組織)までの場合。
皮膚が赤く腫れる以外に、水ぶくれ(水疱)ができることがあります。

【Ⅲ度熱傷】

皮膚の全ての損傷(表皮~皮下組織まで)の場合。
細胞が壊死してしまうため痛みを感じなくなります。重症のやけどは脱水症状を起こしていることも多く、すぐに病院を受診して治療を受ける必要があります。火災などで全身が焼けただれた場合などは、生死に関わることもあります。

火傷/熱傷(やけど)の検査・診断

熱傷の診断には深さ・広さ・部位が非常に重要になります。
必要に応じて血液検査や尿検査など全身の状態を検査します。

火傷/熱傷(やけど)の治療法

熱傷の分類による治療法

  • Ⅰ度熱傷:軟膏やクリームで対処(乾燥を予防する)
  • Ⅱ度熱傷:感染を予防するために洗浄、軟膏の治療
  • Ⅲ度熱傷:皮膚組織は治らないので、範囲の広さによっては植皮手術を検討

やけどの応急処置は早さと時間が勝負です。やけどをしたら、急いで冷水で冷やしてください。手や足など水をかけられる場所なら、水道水でいいので、蛇口をひねって水を流しっぱなしの状態で患部を冷やすようにしましょう。服の下に強いやけどを負った場合は、皮膚が張り付く恐れがあるため水をかけた後に脱がします。皮膚がダメージを受けると病原体による感染が起こりやすいので、必要に応じて抗菌薬を利用することもあります。

火傷/熱傷(やけど)が心配な方

日常生活で火傷を予防するには、熱のあるものの取り扱いをするときに注意することです。 毎日の生活の中で調理をする際や入浴時、就寝時などに細心の注意を払いましょう。

皮膚には外界から細菌などの侵入を防ぎ、水分や体温を保持する役割があります。火傷によって皮膚が損傷されると感染のリスクが増えるため早めに適切な治療を受けましょう。