子供の急な発熱|病院へ行く目安や対処法、原因

子供が急に発熱する理由は?

子供の平熱は一般的に35.0〜37.4度だと言われています。

子供は体温を調整する自律神経がまだ十分に発達していないため、気温や活動の影響を受けやすく急に発熱することも珍しくありません。

病院へ行く目安

しばらく様子を見る

子供が急に発熱したときは発熱以外に症状が現れていないか確認しましょう。嘔吐や下痢などの症状がなく、元気食欲があり水分補給もしっかりと行えている場合はしばらく様子を見ます。

すぐに病院へ行く

万が一以下の症状が現れている場合はすぐに病院を受診してください。夜間や休日であれば救急病院や往診サービスを利用しましょう。
● 元気がなくてぐったりしている
● 下痢や嘔吐が続いて、水分を取れていない
● 意識が朦朧としている
● 呼吸が苦しそうで顔色が悪い
● 生後3ヶ月未満の発熱

子供が急に発熱した時の対処法は?

手足が冷たいとき

手足が冷たいときはまだ子供の体温が上がりきってはいないので、体を冷やすことはせずに厚着をしたり、布団を重ねたりして体を温めるようにします。

手足が温かいとき

手足が温かくなると熱が上がりきったということなので、熱を下げるために薄着にしてあげましょう。熱が上がりきると汗をたくさんかくので、こまめに下着を交換して、体をきれいにするとよいでしょう。

こまめな水分補給

発熱して汗をたくさんかいているときは、脱水症状を防ぐためにもこまめに水分補給を行いましょう。

飲み物は水分と塩分とを同時に摂取することができる経口補水液などが良いでしょう。

食欲がないときは無理に食べ物を食べなくても構いませんが、食べれるようならうどんやお粥などを食べるようにしてください。

考えられる病気は?

子供が急に発熱する代表的な病気は次のようなものがあります。

インフルエンザ

インフルエンザに感染すると長いときは1週間以上も発熱が続くことがあります。発熱の初期に適切な治療を行えばすぐに熱が治まることがほとんどなので40度以上の発熱が急に出たときはすぐに病院を受診するようにしてください。

おたふくかぜ

ムンプスウイルスに感染することで発症し、耳の下にある耳下腺が晴れて痛みを伴います。感染した人のうち焼く30%ほどは38〜39度ほどの発熱が見られます。

みずぼうそう

水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで発症し、全身に生じた発疹が24時間以内に全身へと広がり、同時に2〜3日発熱が続くこともあります。発熱は発症した年齢が高いほど長期間続く傾向があるので注意が必要です。

登園の目安は?

熱が下がった1日経ち、元気があり体調不良な様子が見られないときは登園しても良いでしょう。ただし、38度以上の発熱を出したあとは一度かかりつけの病院を受診したあとに登園することをおすすめします。

熱が下がったとしても、活発に活動すると熱がぶり返すこともあるので数日は注意してあげてください。