突発性発疹で保育園は通える?|出席停止や登園再開の基準

突発性発疹とは?

突発性発疹とは、赤ちゃんや幼児が急に40度近くの高熱を出し、3〜4日で熱が下がった後、全身に発疹が出る感染症です。1歳未満の赤ちゃんがかかることが多いですが、1歳や2歳以上で発症することもあり、4〜5歳頃までにほとんどの子供がかかるとされています。

突発性発疹は基本的には自然治癒します。発疹も2~3日程で消えて、跡は残りません。しかし、熱性けいれんに発展したり、まれに脳炎・脳症、肝炎・劇症肝炎、特発性血小板減少性紫斑病、血球貪食性リンパ組織球症などの合併症を起こしたりすることもあるため、注意が必要です。

発疹が出るまでは、突発性発疹なのか風邪や他の感染症なのかを見分けるのは難しいため、40度近い高熱が出た場合には小児科を受診するようにしましょう。

突発性発疹で保育園は出席停止になる?

突発性発疹は感染力が弱いとされていますが、感染すると高熱によってけいれんなどが起こる可能性もあることから、保育園に通っている乳幼児が感染した場合は、登園を控えるようにしましょう。

保育園によっては、小児科を受診して医師が熱がなく感染のおそれがないと判断すれば預けることが可能なところもあります。出席停止の基準は園によって異なるので、通っている保育園に確認しましょう。

突発性発疹で保育園はいつから通える?

突発性発疹で保育園を休園した場合の登園再開の目安については、厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」で、「解熱し機嫌が良く全身状態が良いこと」とされています。

突発性発疹では発熱中にウイルスが排出されると考えられているので、熱が下がって本人がつらそうでなければ、登園を再開していいということです。

前述の通り、園によっては独自の基準を決めているところもあるため、感染したときは、通っている保育園の決まりに従ってください。

突発性発疹で登園を再開するときは許可証が必要?

突発性発疹にかかり解熱後に登園を再開するときは、登園許可証を保育園に提出することが望ましいとされています。

登園許可証は、医師本人による記入は必要なく、医師の診断を受けたうえで保護者が記入するケースがほとんどですが、園によって違いがあるため確認しておきましょう。

保育園児が突発性発疹に感染したときの自宅でのケア方法

突発性発疹には特別な治療法はないため、受診後は自宅でできるだけ安静に過ごしましょう。突発性発疹で高熱が出ると汗をかいて体から水分が出ていくため、こまめに水分補給をして脱水症状にならないように気をつけましょう。

赤ちゃんの場合は、月齢や離乳食の進み具合にあわせて、母乳やミルク、湯ざまし、麦茶などを少量ずつ飲ませてあげてください。