溶蓮菌感染症とは|症状や検査、治療方法、感染経路

溶連菌感染症とは?

溶連菌感染症とは、A群β溶血性連鎖球菌という細菌に感染することで生じる感染症です。子供から成人に幅広い年代に感染する病気ですが、一般的には4~10歳頃の子供に多く発症します。

溶連菌感染症の症状

主な症状は、38度以上の発熱と喉の腫れで、頭痛、倦怠感、腹痛といった症状が見られることもあります。風邪と異なり、咳や鼻水が出ることはありません。

全身にかゆみのある赤い発疹や舌の表面にイチゴのようなブツブツができる「イチゴ舌」ができた後に、手や足の指先から皮膚がむけることがありますが、自然に治るので安心してください。

治療を十分に行わない場合、まれにリウマチ熱、急性糸球体腎炎、血管性紫斑病といった合併症を起こすこともあるので注意が必要です。

溶連菌感染症の検査

溶連菌感染症は、主に2つの検査方法があります。基本的には「溶連菌迅速診断キット」を使って診断しますが、デメリットもあるので、心配な方は医師と相談してください。

「溶連菌迅速診断キット」で検査

綿棒で喉の粘膜中の菌を採取して検査します。80%の正確性にはなりますが、5~10分程度で検査することが可能です。

咽頭培養検査

綿棒で喉の粘膜中の菌を採取した後に、取得した細菌を培養し細菌を増やすことで検査します。検査結果が出るまで数日〜1週間程度かかりますが、溶連菌だけではなく、他の細菌の感染状況も調べることが可能です。

往診でも「溶連菌迅速診断キット」を使って検査することは可能なので、不安な方は往診サービスを利用することもおすすめです。

溶連菌感染症の治療

溶連菌感染症は、抗生物質を服用することで治療を行います。

抗生物質を1〜2日間服用すると熱が下がり、1週間以内にのどの痛みは治まりますが、「糸球体腎炎」や「リウマチ熱」というような合併症は症状が出てから2週間程度たって生じるため、抗生物質の服用は必ず医師に指示された期間服用するようにしましょう。

また、高熱で息苦しい、水分を十分に摂れない、といった場合は、解熱剤を処方することもあります。

溶連菌感染症の感染経路

溶連菌感染症は原因となる細菌が口から体内に侵入することで感染します。

溶連菌感染症の原因となるA群β溶血性連鎖球菌は、食品中でも増殖することができるため、感染者の菌を含んだ飛沫が口に入らないようにするだけではなく、飛沫が食品に付かないように気をつけることが大切です。

溶連菌感染症になったら、幼稚園や保育園にはいつ行けるか?

溶連菌感染症にかかると学校保健安全法により「医師が認めるまで出席停止」と定められているため、病院を受診した日から2~3日程度は幼稚園や保育園への登園・登校は控えた後に、医師の判断を元に登園・登校を再開するようにしてください。