突発性発疹について

突発性発疹の特徴

突発性発疹とは乳幼児期の赤ちゃんの代表的な病気で、発熱と発疹を伴うウイルス性の感染症です。急に40℃近い高熱を出し、熱が下がると共に全身に発疹が出現します。生後4カ月頃からかかる可能性があり90%は1才未満でかかります。周りに発疹が出ている赤ちゃんがいたとしても感染力は弱いのであまり心配する必要はありません。

突発性発疹の原因

生後何ヶ月か経過して、お腹の中でお母さんからもらっていた免疫が低下することが原因で感染します。生後6ヶ月前後から赤ちゃんは風邪を引いたり発熱したりという症状が出てくるようになります。
突発性発疹はヒトヘルペスウイルス(HHV)6型、7型の感染で、HHV6型の方が原因となることが多いです。稀ではありますが、ヒトヘルペスウイルス7型やその他のウイルスが原因で、2回以上突発性発疹にかかることもあります。ちなみに大人は既にこの病気に対する抗体を持っているので、赤ちゃんからお母さんやお父さんに感染することはありません。

突発性発疹の症状

まず急な発熱が起こります。乳児期にかかることの多い病気なので、生まれて初めての発熱が突発性発疹だったというお子さんも多いです。
通常熱は3〜4日で下がり、熱が下がるタイミングで全身に発疹が見られます。
発疹は小さなプツプツとした紅斑が多く、3~4日で治り、跡が残ることは基本的にありません。痒みも無いのでかきむしって後に残るということもありません。感染から発症するまでに約10日程度の潜伏期間があり、発疹が出る頃にはウイルスはかなり減少しています。

突発性発疹の検査・診断

基本的には問診と診察から診断します。高熱の後に発疹がでる症状が特徴的で、血液検査などで診断を確定させるのは、特別な事情がない限り行われません。

突発性発疹の治療法

ウイルス感染症であるため、抗生物質は無効であり、解熱剤や輸液など必要に応じて対症療法がメインになります。

突発性発疹が心配な方

発熱の時点では診断が難しく風邪や他の感染症と見分けがつきにくいので、発疹が出て初めて突発性発疹だと診断されます。発熱時でも赤ちゃんは比較的元気にしていますが、熱けいれんを起こす子もいるので注意が必要です。また、発熱が続いて辛そうな時は必ず受診して医師の診察を受けましょう。